少しずつ山は彩を増し
ふもとの村を 淡い色に染める


20051129004837.jpg


庭の楓は いっそうの赤をひけらかし
山の紅葉に対抗しているようで


20051129004600.jpg


背伸びを
もっと背伸びを・・・
まるで太陽をねだる 雲雀のよう

2005.11.29 | 写真 植物 | トラックバック(0) | コメント(0) |




高く 高く
大きく翼をひらめかせて
もっと高く 

空へ


ねぇ。。
そこからなにが見えるの

20051128032611.jpg


白い花
ストローみたいな飲み口は
美味しい蜜が吸えるでしょうか

20051128032845.jpg


葉っぱに隠れてしまいそう
そんなきみを見つけるよ

20051128033056.jpg


葉っぱのような花
肉厚の葉でも かわいいきみは隠せないんだ

20051128033204.jpg


花のような葉
迷い蜂が きみを訪ねるかもしれないね

20051128032949.jpg


どこまでも
どこまでも高くのぼりつめても
きみのことを ちゃんと見つけるよ
きっと
きっと見つけるから 心配しないでおくれ
かわいいひと


2005.11.28 | 写真 植物 | トラックバック(0) | コメント(0) |




最後の1個
それは 木のおもり
ちゃんと冬を越せるよに
来年の実りを忘れぬように

最後の1個は 木のおもり
ちいさな生きもの達が
冬の寒さに負けないように
最後の最期の 木のとりで

必ず残してくださいな
明日も笑顔になれるよに


20051124233605.jpg


お天気がよかったので
ちょっとお散歩。。
秋は、いろんな実がたわわに実る季節。
南天の実も真っ赤に色付いて、とってもかわいい。
きっと、鳥の目には美味しく映るんでしょうね。


20051124233752.jpg


本当にきれいな秋空
色付く木々も ちらほら


20051124234243.jpg


ちいさなネコジャラシも 夕陽に染まり
草花との逢瀬も もうすぐ終わりのとき
来年もまた
逢えたらいいね

2005.11.25 | ささやかな日々 | トラックバック(0) | コメント(0) |




今日はみんなお出かけをして、あたしとにゃんこのふたりっきり。。。
なのにあいつったら、寝てばっかり。

でもね。。
今日は久々の青空。
ほんのちょっと、のほほんとお散歩をしてみたかったんだ。

ほら。。
こんなにいいお天気だから、お空の雲さんがこんな所でひと休みしているよ。
ねぇ・・・・。あなたはだぁれ?

20051120231331.jpg


あはははは。。
ススキの種が、ポンポンにふくれて、ふわふわの綿帽子が風に揺れると・・・。
まるでお空の雲を映したようだね。


20051120231503.jpg


ほんの少し佇んでいただけなのに、陽はもう西へと傾き、
鳥達を家路へと急がせる。
ああ。。。
秋の陽は、本当に早く落ちるなぁ。


続きを読む

2005.11.20 | 写真 植物 | トラックバック(0) | コメント(0) |



ハサミに黄色いタグをつけて
我が家にカニがやってきました。

11月6日は、カニの解禁日。
いっせいに蟹獲り船が漁に出て
11月7日の早朝に 初せりです。

町の小さな魚屋さんは霧の中
お得意さんの軒先に、蟹の袋を配達に回ります。

解禁日の蟹のお値段は、ご祝儀相場。
いくらなるか・・・
怖い 怖い。。。 それは考えないでおきましょう。

kani-3.jpg

越前ガニは、この黄色のタグが目印。
他の蟹とは、ちょいとお味が違います。
とは言え・・・。
オスのズワイガニは高嶺の花。
庶民にゃあ~ちょっと手が出ません。

我が家の毎年のお味といえば。。
オスより美味しい、メスのセイコガニ。
外子も内子も蟹味噌も。。。

kani-4.jpg

ふふふふふぅ~。。。
とってもおいしいのだ♪

さて。。
そろそろ食べることとしましょうか。。。


続きを読む

2005.11.09 | ささやかな日々 | トラックバック(0) | コメント(0) |




花らっきょうのらっきょうの花
砂浜の片隅を紫に染め
秋の海風に吹かれます

3年経った根っこには
真珠の珠より愛らしい
かわいいらっきょが出来るはず



雨降りの休日に、らっきょ畑にお花を見に行ってきました。
らっきょって名前に似ず、とっても可憐なお花です。
らっきょうは、3年経ったものがとっても美味しいんですよ。
硬く実がしまって、カリカリするんです。
らっきょうは、一年目より三年目の方が実が小さくなるんです。
不思議ですね。





先日のニュースで、アメリカ牛肉の輸入に関してのお話が耳に入ってきました。
なんと、検査なしで食肉になった20ヶ月以下の牛肉を、輸入できるとか。。
アメリカが、ちゃんとやるべきことをやってくれると信じて・・・ってことらしいですけれど、どうでしょうかねぇ・・・?

アメリカ人でプリオン(狂牛病の原因タンパク質)の研究でノーベル賞を受賞されたブルシナー博士は、年齢で安全を決めることは出来ないとおっしゃっています。
そして、全頭検査こそが、BSEに感染するリスクを最も低くする最善の策だともおっしゃられているようです。
20ヶ月以下というのは、何の根拠も無い年齢なのです。

続きを読む

2005.11.05 | ささやかな日々 | トラックバック(0) | コメント(0) |