0t-1.jpg


花はすが見ごろの公園には、たくさんのトンボがいました。
その中でも、初めて見た白黒模様のトンボ☆


0t-3.jpg


思わず「パンダだ!!」と、叫んでしまった、
勝手に命名した、その名もパンダトンボ☆

ねっ、そんな感じでしょ♪

図鑑を調べても見つからなかったトンボ。
探し方がいい加減なのはご愛嬌。
でも、本当はなんていう名前なのか・・・・?
知りたぁ~い☆☆☆
お心当たりのある方は、ぜひ、ご一報を!!


0t-2.jpg


このパンダトンボちゃんと仲良しだったのが、このトンボ。
メスのようで、水にお尻をつけながら、
産卵している様子。。
でもね。。。
パンダトンボさんの奥様は、パンダではないみたい。。
あの白いところが黄色いんです。

産卵に一生懸命のようで、うまく撮れませんでしたが、
ちょっとだけ分かりますか?
ねっ☆ちょっと黄色く見えるでしょ♪


0t-4.jpg


とっても細くて、薄い緑色。
今にも葉っぱに溶け込んでしまいそうな、儚げなトンボ。
かわいいです。


0t-5.jpg



この子は、ヤゴから羽化したばかりのようです。



0t-6.jpg


この池には、たくさんのアメンボウがいるんです。
きれいな波紋を作りながら、
すばやく動いたり、止まったり。。


0t-7.jpg


この子はおまけ☆
我が家のお庭に遊びに来ていました。




あのパンダ模様のトンボって、いろんなところにいるのですか?
皆さんは、見たことがありますか?
自然の模様って、とっても不思議ですね。


まだ雨が降っています。
皆さんのところは、どうですか?
もうしばらくだけ、気をつけていましょうね。。


2006.07.25 | 写真 動物 | トラックバック(0) | コメント(6) |




ああ。。。空がひらくよ

待っていた陽射し
こんなにも陽を待ち焦がれていたなんて・・・


20060720014728.jpg


虫たちも 陽かりを浴びて
束の間の休息を


20060720014634.jpg


こちらはすぐ近くの川
毎年蛍がたくさん飛び交う、とても小さな川。
まだまだ水嵩が高いけど
中州までは流されていない。

良かった。。。
きっと来年も、蛍は大丈夫だろう。


20060720014658.jpg


雨雲の上は、もう夏の空。
しばし空も休息。

明日からの雨に備えて、
今日は精一杯の青空を。



2006.07.20 | ささやかな日々 | トラックバック(0) | コメント(4) |




あれは・・・。
あれはちょうど2年前のこの日のことでした。
川の氾濫と決壊とともに、大量の水が流れ込んできたのは。。

そのときの川は、まだこんな状態で・・・。

20060719020548.jpg

今も、大雨洪水警報は出されたままです。

今日は真夜中も大雨の予想。
おうちの中で一人だけ、
いざというときに備えて、寝ずの番です。

7月17日にも警報が出ていましたが、
そのときの写真です。

20060719020634.jpg


あの日のことを思えば、まだまだ余裕☆
ちなみに2年前の水害の体験は、「水害体験記」に書いてあります。
よろしければ、ご覧くださいませ。

まだ雨は降り続いています。
時々大きな雨音に、ドキリとしたりして、
静かに時間が過ぎてゆきます。

どうぞ、これ以上降りませんように・・・。

2006.07.19 | ささやかな日々 | トラックバック(0) | コメント(8) |

3.jpg



梅雨の憂鬱も 雫の中に閉じ込めちゃえ♪



4.jpg



まあるく大きな 虫眼鏡になっちゃった☆



5.jpg



葉っぱの上にも くるくる ころころ


7.jpg



草むらを こそこそ歩く鳥さん発見
こちらの動きを察したとたん ぴゅっと飛んで電線へ


6.jpg



あなたのお名前は なんて言うの?




2006.07.14 | 写真 動物 | トラックバック(0) | コメント(4) |




まだまだ不恰好
だけど一生懸命練習しています
旅立つときの その日まで


20060712032927.jpg


ほら、こうやって。
ほら、大きく翼を開いてごらん。

20060712032946.jpg


風が吹けば、ゆらゆらゆら。
電線に掴まっているのが精一杯。


20060712033001.jpg


だけど ほら
見ててごらん

電線を強く蹴るだけで
身体は自由

ほら 上手に
もう一回

ほら一緒に やってごらん
すぐに上手に飛べるから


20060712033023.jpg



ちょっとウラヤマシゲニ
影を潜めて眺めてる

僕も上手に飛べるかな

時々 バタバタ バタバタバタ


2006.07.12 | 写真 動物 | トラックバック(0) | コメント(4) |




ゆっくりと 雨が空へと戻ってゆく


20060708125822.jpg


空を覆いつくしていた雨のカケラたちは
お日様のまわりから
少しずつ溶け出していくんだね

もっと遠く もっと高い 空の彼方へ


20060708125840.jpg


足元の花たちは 顔を上げ
ここに咲くことを 誇らしげに歌う


20060708125855.jpg


時は過ぎ お日様も眠りにつくころ


20060708125917.jpg


忍び足で 暗闇が襲ってくる





ああ。。。
パソが直らない・・・。

2006.07.08 | 写真 風景 | トラックバック(0) | コメント(0) |