上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |





迷い込んだ 見知らぬ路地
風に背中を押され
通り抜けた 遠い記憶









久しぶりに モノクロでとった写真。

箪笥町を歩いていたはずが
気付けば もうひとつの通りの中









カタカタと風が吹けばなりそうな
小さな外灯のカサ

ここにはまだ 昭和が残っている
そう・・・
みんながまだ 元気だった頃の








大きな羽音に振り返ると
先を促すように カラスが飛んだ








目をこすりながら 振り返ると
周り中に色があふれ出した

ここは たぶん
箪笥町辺り







------------------------------------------------------------







いまを いっぱいいっぱいで生きているあなたにも
必ず 心から笑い合える日がやってきます
小さな支援しか出来ないかもしれませんが
忘れることなく
あなたが笑顔になれるまで
ずっと ずっと・・・
みんなが ちゃんと 見守っていますからね









「平成23年東北地方太平洋沖地震」で被災された方々にお見舞いを申し上げますと共に、
亡くなられた方々のご冥福を祈り、一日も早い復旧がなされますことを願ってやみません。




2011.03.23 | 写真 風景 | トラックバック(0) | コメント(2) |

こんばんは。
モノクロだと、あらも隠せるし雰囲気も上がるから、ちと不思議気分ですね(笑)
結構バタバタな所で、カラーも変わんないのもまた不思議かも(汗)

やっぱりこういうかさの外灯は、裸電球が似合います。
お祭りや飲み屋の提灯なんかも、電球の方が温かみもあっていいのですが、もう生産されないのですものね。
残念ですが、LEDで省エネにはげみましょ^^
特に今は、少しでも節電できるものがあれば、それに越したことは無いですしね。

そうそう。。計画停電の影響もあり、乾電池が店頭からなくなっているようですが、
その無くなっているのは、ほとんどが単一や単二などの大きい電池らしいですね。
これはみんなが家の奥にしまっておいた、古い懐中電灯を探し出してきて使っているためらしいです。
この頃は、大きな電池をほとんど作ってなかったんですって。
そりゃ、すぐになくなっちゃいますよね^^;

被災地の復興は、なかなか進みませんが、
それでもニュースを見るたびに、一歩ずつ、
確実に前進しています。
余震の多い中、暮らされているのはとても大変ですが、気をつけて前に進んで欲しいです。

バームさんも、
余震が多くて大変でしょうが、出来るだけしっかり睡眠をとって、疲れがなるべくたまらないようにしていてください。

2011.03.26 01:55 URL | ゆめ乃 #5Gg6z9h6 [ 編集 ]

モノクロの写真の街並みは伝統を感じさせますね。
裸電球も無くなるのはちょっと寂しいですが
LEDでエネルギー消費が少なくなるのは良いことかな。
モノクロからカラーになっても変わらない
カラスのような存在も印象的ですね。

被災地復興はまだ始まったばかり
春になって緑色の葉っぱが茂る頃には
支援も届いて少しずつ元気を取り戻して行って欲しいです。

2011.03.23 17:31 URL | バーム #MZuJlTXE [ 編集 ]












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://tora.blog24.fc2.com/tb.php/299-f22617c3

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。