上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |




逢いたくて・・・
もっとあなたに逢いたくて
小さな窓から見える青にさえ
心を奪われてしまう


20051216014817.jpg


少しずつ雲が途切れて
最後の霧が空に昇ったら
オレンヂ色の自転車で
公園へ行こう

道は少し雪混じりの
轍があるけれど
お日様の光で
暖かいよ 背中が

坂道はキツクテ 諦めそうになるけど
久しぶりの青空が 後押してくれる

最後は大好きな下り坂
ペダルにかけた足
ほんのちょっと踏ん張って
身体を斜めに 一気に駆け下りる

こんなに青空が恋しいこと
今日まで何も気付かなかった
冬の空がとても青いこと
その青に僕は恋をしたんだ

長く沈んだ冬の色は
ちょっとの青空で ぬり変えられる
そのたび僕は この青空に
そのたび僕は 恋をするだろう



20051216015101.jpg


久しぶり・・・。
本当に久しぶりだったんです、こんな青空。
これほど青空が恋しかったこと、見上げた空に憧れたことはありません。

ほら・・・。
ひとしずく 一滴・・・。
雪を融かしてくれる太陽。
この雫が、ほんのちいさな希望の雫なんです。
いいね。青空って。

20051216015214.jpg


ねえ・・・。
お前も、この青空を待っていたんでしょ?
こんなにも青い空に、お前の黒がとてもきれいで・・・。
好きだわ。お前のこと。

20051216014955.jpg


除雪をした雪の塊が、まるで額縁のよう。
青い空、白い雪。
ずっと昔から見慣れた光景なのに、今日はやけにこの空が恋しい。




大雪は、まだまだ続きそうで・・・。
ちょっとお疲れモードです。

2005.12.16 | 空 words | トラックバック(0) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://tora.blog24.fc2.com/tb.php/31-0129ac3c

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。